「石川町で暮らす」を体験してみたい方へ

子どもの成長や学びのすべてを、家族の暮らしのよりよい変化を、
いつも探しているママたちへ。
いしかわまちは、家族に、寄り添います。
それは、新しい場所で暮らすということが、
あなたの家族の在り方をよりよくする
一つの方法かもしれないから。
「移住」「定住」が、家族みんなを、
新しい目標で結びつけ合うかもしれないから。

知らない場所に住むのには、勇気がいります。
でも新しい環境には、可能性があります。
だからあなたに、あなたの家族の未来を拓くかもしれない
たくさんの情報を伝えて、
「移住」「定住」を考えるときの、お役に立てて欲しい。

いしかわまちは、あなたの家族の変化を支えます。

家族での移住・定住を支える制度

子育て

育児や子どもの健康などを支える制度は、日々の暮らしに必須。石川町では、家族の基盤となる制度を、しっかりと運用しています。もれなく利用しましょう。

子ども医療費助成

石川町に住所のある子どもが、ケガや病気のために受けた健康保険適用の診療に係る医療費をまちが全額助成します。なお、子どもの年齢は18歳までで、18歳になった年度の3月31日までが対象となっています。また、助成を受けるには受給資格登録が必要です。

新生児誕生祝金

出生前後期間( 併せて1年以上) に石川町に住所があり、その後もまちに居住する意思がある家族に対しお祝金を贈る制度です。第1子~第3子には5万円、第4子には10万円、第5子以降には20万円が1人当たりに贈られます。

小中学校給食費補助制度

石川町に住所を有する保護者の子育てを支援するため、町立小中学校へ通う児童・生徒の給食費年額の半額を補助するという制度です。

児童手当

中学校3年生までの子どもがいる家庭に支給する手当です。3歳未満1.5万円、3歳~小学校終了前1万円( 第1子、第2子)/1.5万円( 第3子~) 中学生1万円で、所得制限を超えると一律5,000円が6月、10月、2月の8日に支給されます。申請が必要です。

放課後児童クラブ

小学1~6年生を対象に石川小学校内「児童クラブ室」にて、遊びを主としたさまざまな放課後活動を行う制度です。利用期間は平日下校時から17:30、長期休暇時など8:30~17:30 ( 別料金により18:45まで延長も可能)。登録料は1,800円(年)、月額利用料1人 2,500円(2人目以降1,250円)+月額おやつ代500円です。

幼児教育・保育に係る利用者負担等(保育料) 軽減事業

平成30年度より、要綱に定めた要件を満たす対象世帯の町内に住む3歳以上の幼児教育・保育に係る利用者負担額( 保育料)を軽減します。1号認定(教育認定) については、原則無料となります。2号認定(保育認定)については、入所( 園) する児童1人目を4,500円とし、2人目は半額、3人目以降は無料となります。(※生活保護世帯は除く)

くらし

移住・定住にあたって、まず最初に必要なものは生活基盤。住宅を用意する際の助けとなる制度を利用すれば、生活のスタートがよりスムーズになります。

住宅取得支援制度事業補助金

子育て世帯・若者世帯の住宅取得を支援するための補助金交付制度です。新築住宅購入時は70万円、中古住宅には35万円(そのほか加算あり)の受給が可能です。条件に「住宅所有権と当該住宅に住民登録があり生活基盤がまちにあること」などがあります。

町営住宅入居案内

住宅にお困りの方が安い家賃で入居できる公共賃貸住宅です。入居には所得制限などの条件があります。入居申込は随時受付していますが、まちの広報紙への掲載などにより公募することもあります。,500円/㎡からです。

分譲団地計画

町内にある古館団地2区画、谷津団地3区画を分譲販売しています。町内の主要箇所にアクセスしやすい立地条件で、小学校、中学校、商業地域が近くにあります。分譲価格は27,500円/㎡からです。

「未来へつなぐ省エネ住宅」
普及促進補助

まちに所在がある戸建て住宅・集合住宅への省エネ機器導入時、補助金の申請が可能です。対象は「エネファーム」「エコウィル」などの発電設備や「エコキュート」などの給湯設備ほか、太陽光発電・太陽熱利用システム、小型風力発電システムなどです。

しごと

ママやパパのための仕事情報は、移住定住前に要確認。町には農業など事業を始めたい人向けの支援制度ほか、地元企業の採用情報もたくさんあります!

石川地方職業相談室

石川地方5町村とハローワーク須賀川が「仕事さがし」をお手伝いする相談室です。求人情報検索や求職申請ができ、窓口では具体的なお仕事相談のほか企業紹介も受けられます。石川町合同庁舎にて月~金(9:00~16:30) 利用可能です。

石川郡創業相談窓口

石川地方5町村の商工会が設置する、石川地方で創業を目指す方のための支援窓口です。創業に必要な基礎知識や資金調達、販路開拓などをサポートします。創業支援セミナーも開催しており、受講者には登録免許税軽減などの優遇措置もあります。

農家支援

新規就農者の技術習得と経営安定を図るため、農地・機械・住宅の賃借料や研修費を最大3年間支援します。 また町内の農産物を活かした6次化推進活動支援では、整備費用や商品開発費などへ補助金を受けられます。ほか、農地を拡大したい農家の方への情報提供などもあります。

婚活

おひとりさまもウェルカム!

石川コンで、
ゆたかな婚活しよう♡

石川町に居住している独身男性×石川町内外のおひとり様女性のため、まちが婚活サポートイベントを不定期で開催しています。イベントでは、まちや近隣の名所を巡ったり、土地の料理を楽しんだりした後は婚活パーティに参加します。気になるお相手にはフリータイムでゆっくりお話ししてご縁を結びましょう。イベントによってはより魅力的な自分になるための事前講座などがあるものも。

移住を希望する方からよくある質問

Q.移住の相談がしたい!

A.まずは、地域づくり推進課へ!

移住の相談や暮らし、仕事のことまでお任せください。ご希望があれば、一緒にまち歩きや不動産屋などをご紹介いたします。

Q.まちの交通機関はどのようなものがありますか?

A.まずは、地域づくり推進課へ!

移住の相談や暮らし、仕事のことまでお任せください。ご希望があれば、一緒にまち歩きや不動産屋などをご紹介いたします。

Q.移住の相談がしたい!

A.車が欠かせません

移住の相談や暮らし、仕事のことまでお任せください。ご希望があれば、一緒にまち歩きや不動産屋などをご紹介いたします。

Q.移住者同士の交流は?

A.移住者向け意見交換会があります

移住者の方に、石川町の改善点などを伺う意見交換の場を設けています。そのほかのおつきあいの面はみなさまにお任せしています。

Q.インターネット環境は?

A.もちろんあります

人が住むほとんどの場所では、光回線が整備されています。同様に、携帯3大キャリアも問題なくご利用いただけます。

Q.都内で石川町について知ることができる場所は?

A.年に1度の説明会へおいでください!

秋から冬にかけ、認定NPO 法人ふるさと回帰センター( 東京都千代田区) にて説明会が行われています。詳細は、HPをご覧ください。→ https://www.furusatokaiki.net/